上場ゼネコン大手4社/21年4~12月期決算/全社で営業利益悪化、受注高は反動増

2022年2月14日 企業・経営 [1面]

文字サイズ

 上場ゼネコン大手4社(鹿島、大林組、大成建設、清水建設)の2021年4~12月期連結決算が10日に出そろった。手持ち工事の消化で売り上げ計上が進んだ一方、受注競争の激化や資材価格の上昇などで採算が悪…

残り 769文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン