大林組/トンネル覆工裏込め注入に新材料/流体状で長距離圧送が可能に

2022年2月15日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組が長大トンネルの補修工事向けに、覆工裏込め注入工法で使用する新たな材料を開発した。2種類の粉体系材料と水を混合した流体状の注入材を2本の配管で施工箇所の手前に圧送する。混合管で混ぜ合わせ空洞内…

残り 493文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン