回転窓/侍にならい「食」を楽しむ

2022年2月21日 論説・コラム [1面]

文字サイズ

 外でどじょう鍋や鶏鍋などを食べ、風邪をひいた時はそば屋に入りたこ、なが芋、れんこんの甘煮で薬代わりに酒を二合。幕末のころ、故郷を離れて江戸に住む勤番侍は、質素に暮らしながらもこんな食生活を送っていた…

残り 372文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン