大分県津久見市/新庁舎基本設計案/ピロティ形式、柱頭免震構造を採用

2022年2月25日 工事・計画 [13面]

文字サイズ

 大分県津久見市は新庁舎の基本設計案をまとめた。規模はRC造5階建て延べ約6000平方メートル。津波避難ビルの機能を持たせるためピロティ形式とし、2階以上に主な庁舎機能を配置。柱頭免震構造の採用などに…

残り 418文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン