東北整備局/22年度総合評価方式実施方針/評価対象に建設マスターら追加

2022年2月25日 行政・団体 [6面]

文字サイズ

 ◇業務のチャレンジ型、2000万円以下に拡大  東北地方整備局は工事や業務の入札に適用する総合評価方式の2022年度実施方針を明らかにした。工事は評価対象技能者を拡大。「優秀施工者国土交通大臣顕彰(…

残り 792文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン