大林組/現場の稼働状況の見える化システムを開発/デジタル空間で一元管理

2022年2月28日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組は25日、デジタル空間上で現場の稼働状況がリアルタイムに把握できる「4D施工管理支援システム」を開発したと発表した。BIMの3Dモデルにドローン(小型無人機)で取得した点群データを重ねて現場の…

残り 551文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン