東京都小金井市/新庁舎の着工先送り/資機材価格上昇で再検討

2022年3月7日 行政・団体 [4面]

文字サイズ

 東京都小金井市は、6月を予定していた新庁舎整備の着工時期を再検討する。資機材価格の上昇などで84・4億円を想定していた工事費が90・7億円に膨らむ見通し。市議会でコスト削減の検討を求める意見が出てい…

残り 797文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン