大阪市/施設情報を「見える化」/在り方検討の基礎資料に

2022年3月9日 行政・団体 [8面]

文字サイズ

 大阪市は、市が保有する施設の「見える化」に取り組んでいる。これまで多様化する市民ニーズに対応しながら多くの施設を整備してきたが、今後本格的な更新時期を迎える中で、将来の施設の在り方を検討する必要があ…

残り 386文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン