国交省/高速道路の老朽化で抜本対策検討へ/想定以上に深刻化

2022年3月11日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 国土交通省は、高速道路の関連構造物・設備で老朽化が想定以上に深刻になっている状況を踏まえ、有識者会議で抜本対策を検討する方針を固めた。2012年に発生した中央自動車道・笹子トンネルの天井板落下事故を…

残り 482文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン