全建/22年度事業計画/賃上げを柱に処遇改善を推進、CCUS普及にも注力

2022年3月16日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 全国建設業協会(全建、奥村太加典会長)が2022年度の事業計画を策定した。建設業界や会員各社の将来を担う人材の安定確保に向け、建設技能者のさらなる賃上げが柱の処遇改善を推進する。取り組みを支えるツー…

残り 720文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン