デジタルで建設をDXする・51/樋口一希/ボリュームプラン自動作成システム開発へ

2022年3月17日 連載

文字サイズ

 安藤ハザマは、基本計画前段階の業務の中核をなす企画設計段階のボリュームスタディなどをAI・データ解析技術を用いて自動化する構想をまとめ、システムを開発中であると公表した。  □概算コストを含めたセッ…

残り 1677文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン