大成建設/シールド機に超音波地山探査装置。空洞の有無を連続測定

2022年3月22日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設はシールド機を掘進しながら地山の空洞状況を非接触で連続測定できる「超音波式地山探査装置」を開発した。シールド機の外殻から超音波を発し地山までの距離を常時測定。空洞を検知した場合、機内から充て…

残り 581文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン