大成建設ら/シールド機カッタービット交換、専用ロボで無人化

2022年3月24日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設と地中空間開発(大阪市北区、平山真治社長)は、シールドマシンのビットをマシン内側から交換する「THESEUS(テセウス)工法」を改良し、交換作業が無人化できる専用ロボットを開発した。可動式マ…

残り 611文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン