福島県沖地震/東北大学災害研がウェブ調査報告会開く、被災建物の累積疲労対策必要

2022年3月24日 行政・団体 [8面]

文字サイズ

16日深夜に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強の地震被害を受け、東北大学災害科学国際研究所(今村文彦所長)が22日に被害状況などに関する調査結果のオンライン報告会を開いた。特に揺れが大きかった宮…

残り 804文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン