大林組ら/低層遮音壁更新工法を改良、車両・装置の大型化でさらに合理化

2022年3月29日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組は、トヨタ自動車未来創生センターと共同開発した高速道路の低層遮音壁が短時間で更新できる「ハイウェイパネラック工法」を改良し、さらなる合理化を実現した。遮音壁の送り出しや取り付けなどを連続施工で…

残り 552文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン