全生連/22年度生コン出荷2%減の7350立米、2年連続最低水準

2022年3月30日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 全国生コンクリート工業組合・協同組合連合会(全生連、吉野友康会長)は29日、2022年度の生コン出荷数量見込みを7350万立方メートルと発表した。需要想定を始めた1985年以降、最低水準の21年度見…

残り 510文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン