東北整備局/22年度事故防止目標策定、現場見える化で対策強化

2022年4月14日 行政・団体 [6面]

文字サイズ

 東北地方整備局は2022年度の工事事故防止目標をまとめ、13日に公表した。全治1カ月以上3カ月未満の中傷事故が多く発生している状況を踏まえ、カメラの設置による監視体制の強化など「現場の見える化」に注…

残り 1030文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン