建設発生土リサイクル協/長期ビジョン策定へ、改良土増加目指す

2022年4月25日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 全国建設発生土リサイクル協会(赤坂泰子理事長)は2050年を目標年次とする長期ビジョンの策定に乗りだす。工事現場から場外に搬出した建設発生土の再利用方法で、一部にとどまる土質改良土の割合を増やすのが…

残り 801文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン