水産庁/漁港漁場優良請負者表彰の受賞者決定、農水大臣表彰に3人

2022年5月13日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 水産庁は2022年度「漁港漁場関係事業優良請負者表彰」の受賞者を決めた。農林水産大臣表彰に3人、水産庁長官表彰として10人を選んだ。12日に東京都内で表彰式を開き、神谷崇長官が受賞者に表彰状を手渡した。
 表彰式で神谷長官は大規模災害の多発に触れ、被災した漁港や漁場で初動対応に奔走する建設事業者に謝意を示した。その上で「水産庁は関係者が安心して施工できる環境を確保し、技術力を高められるよう全力を挙げて取り組む」と表明。漁港漁場関係事業を通じた水産業と漁村の発展へ期待を語った。
 受賞者は次の通り。▽氏名(所属)=推薦者。
 【農林水産大臣表彰】
 ▽小針武志(小針土建社長)=北海道▽佐野茂樹(青木建設代表取締役)=静岡県▽寺澤孝憲(西海建設社長)=長崎県
 【水産庁長官表彰】
 ▽數土勉(機械開発北旺社長)=北海道開発局▽中塚徹朗(中塚建設代表取締役)=北海道▽佐々木宏明(橋本店社長)=宮城県▽中元將人(中元組社長)=新潟県▽金田隆徳(金田建設社長)=島根県
 ▽大坪弘成(大坪建設代表取締役)=長崎県▽安東建治(安東建設代表取締役)=大分県▽志多宏彦(志多組社長)=宮崎県▽西園彰(西園組代表取締役)=鹿児島県▽武富和裕(共和産業社長)=沖縄県。