技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東日本高速会社/国内最大級クレーンで橋桁一括仮設/圏央道と上越新幹線交差部  [2014年12月2日1面]

国内最大級のクローラクレーンを使った大ブロック桁の架設作業

 埼玉県内で建設が進む首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の桶川北本インターチェンジ(IC)~白岡菖蒲IC間(延長10・8キロ)で、11月29日深夜から30日未明にかけて、JR上越新幹線との交差部の橋梁架設工事が行われた。施工は大林組が担当。最大つり上げ能力1250トンという国内最大級のクローラクレーンを使い、総重量約358トンの大ブロック桁を一括で架設した。現場一帯は当日、霧が発生し、架設工事には厳しい条件となったが、作業は当初予定通りに完了した。
 圏央道桶川北本IC~白岡菖蒲IC間は、国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路会社が共同で建設事業を進めている。今回架設されたのは、東日本高速会社が担当する桶川第5高架橋(橋長394・5メートル、鋼7径間連続開断面箱桁橋)のうち新幹線の上を通る区間(桶川市五町台)。JR東日本が工事を受託している。
 新幹線交差部1径間は橋桁の長さが約70メートル。桁の製作はJFEエンジニアリング、合成床版は横河ブリッジがそれぞれ担当した。今回設置したのは内回り線の大ブロック桁(架設重量=主桁244トン、合成床版72トン、つり具など42トン)。工程短縮のほか、鉄道や現場周辺への影響とリスクを抑えるため、一括架設工法を採用した。
 使用したクローラクレーンは国内に3台しかないという巨大重機で、組み立てに10日間を要した。作業は、地組みした大ブロック箱桁を地上から約30メートルの高さにつり上げた後、約150メートルの距離を旋回。新幹線両側の橋脚に据え付けた。
 内回り線に続き6日深夜には、外回り線の桁(架設重量=主桁243トン、合成床版122トン、つり具など42トン)を同様に一括架設する。桶川第5高架橋では今後、新幹線交差部に続き両端部の桁の架設工事などを進める。桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の開通は15年度中を予定している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む