技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

みずほ情報総研、静岡県ら/移動者向け災害情報提供プロジェクト実証実験実施へ  [2014年12月10日3面]

 みずほ情報総研(東京都千代田区、西澤順一社長)と静岡県、ひょうご震災記念21世紀研究機構(井戸敏三会長)、ITS Japan(渡邉浩之会長)の災害時/平常時ハイブリッド情報システム委員会に所属する企業5社で構成する移動者向け災害情報提供協議会は、15~19日の5日間、静岡市内で「移動者向け災害情報提供プロジェクト実証実験」を行う。旅行中のドライバーなどに、津波や大雨など災害時に現在位置に応じた避難に有用な情報を、カーナビゲーションシステムやスマートフォンアプリなどを通じて提供する。
 実証実験では、みずほ情報総研が全体の取りまとめ役となり、静岡県が避難勧告や河川の水位情報などの公的な情報を提供。ITS Japanから参加する富士通、ホンダ、パイオニア、ウェザーニューズ、アジア航測の各社がシステムの構築・運用と実証実験の実施、有効性の検証を行う。ひょうご震災記念21世紀研究機構はアドバイザリー役を務める。
 11年3月の東日本大震災では、車などでの移動者に対して避難の必要性が十分に伝達・周知できず被害が拡大したとされる。同プロジェクトでは、移動中に現在位置に応じた避難に必要な情報を提供することで、被害の軽減につなげる。
 実験後は、地方自治体などが導入・普及を進めている災害情報共有システム(Lアラート)との連携を模索し、全国レベルでのサービスの実現を目指す。プロジェクトは、国土交通省の14年度「G空間社会実証プロジェクト事業」に採択されている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。