論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/プランクトンのタイムカプセル  [2014年12月11日1面]

 北海道沖で捕れるホッケが不漁で、釧路市の動物園が困っているという。1日に約10キロを平らげる大型アシカを筆頭に、飼育する動物の餌として膨大な量が必要なためだ。代替品を探すのも一苦労で、コストがかさんでいる▼不漁が問題になる一方で、特定種の急増に困ることもある。こうした異常事態の一因には、動物プランクトンの変動があるといわれる。動物プランクトンは魚類の大事な餌であり、直接食べられないものでもその排せつ物が食物連鎖の一端を担うケースがあるそうだ▼気候変動の影響も生じている中、過去にさかのぼって比較・分析することも重要だという。このため、水産総合センターでは定期的に海中から標本を採取している。1951年の採取開始から計3万5000本を超す標本を蓄積。「かつての海の状況を探る大切なタイムカプセル」と聞いた▼動物プランクトンが魚類の生育にどのような影響を及ぼしているのか。そのスイッチが分かれば、水産資源が今よりも安定的に確保できるようになるかもしれない▼ホッケという大切な肴(さかな)を維持するためにも、研究の進展を期待したい。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む