工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

西武プロパティーズ/「東京ガーデンテラス」に/赤プリ跡地の複合高層ビル名称  [2014年12月16日4面]

東京ガーデンテラスの完成イメージ

 西武プロパティーズは、東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂(旧赤坂プリンスホテル)跡地で建設を進めている複合高層ビル「紀尾井町プロジェクト」の名称を「東京ガーデンテラス」に決めた。
 東京ガーデンテラス(千代田区紀尾井町1の2、敷地面積3万0400平方メートル)は、S造地下2階地上36階建てのオフィス・ホテル棟(施工=鹿島・鉄建・熊谷組JV、高さ180メートル)、RC造地下2階地上21階建ての住宅棟(施工=西武建設・大林組・前田建設JV、同90メートル)で構成する。総延べ床面積は22万7200平方メートル。設計・監理を日建設計、外装デザインをコーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツが担当。16年5月の竣工を予定している。総事業費は980億円。
 森ビルがビルマネジメントやタウンマネジメントなどを行うプロパティマネジメント業務を行っている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。