工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

リニア新幹線、12月17日着工/品川駅と名古屋駅で安全祈願式  [2014年12月17日1面]

山梨のリニア実験線を走るL0系車両

 JR東海が東京・品川~名古屋間(路線延長285・6キロ)で2027年の開業を目指すリニア中央新幹線が17日着工する。午後に品川と名古屋の両ターミナル駅付近で同社幹部や地元自治体の関係者らが安全祈願式を開く。大深度地下や3000メートル級の山岳地帯でのトンネル工事など各所で難工事が予想される中、施工を担当する建設会社への期待は大きい。総工費は5・5兆円。
 計画によると、既設駅舎の直下に開削工法で建設する品川、名古屋の両ターミナル駅は開業の27年までの工期を要する。15年度から本体工事に着手するため、自社所有地内で準備工(フェンス設置や資材置き場整備、支障物の整理・撤去など)を先行して進める。
 路線全体の86%に当たる246・6キロをトンネルが占め、高架橋が8%の23・6キロ、路盤が2%の4・1キロ。南アルプストンネル(25キロ)は最大土かぶり1400メートルに及ぶ日本一の大深度トンネルになる。各エリアでは調査・測量、設計協議、地元説明などを経て15年度以降、順次着工する見通しだ。
 工事の発注方式については、JR本州3社(東日本、東海、西日本)が10月に世界貿易機関(WTO)政府調達協定の適用対象機関から外れたことで自由度が広がった。JR東海は、今後の発注方法などの詳細については明らかにしていないが、厳しい工期で技術的な難易度が極めて高い工事が相次ぐだけに、施工者選定では「高い技術力を持つ業者はもちろん、コスト削減に寄与する提案など、総合的な観点から決める」(関係者)としている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。