論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/無線LAN付き災害対応型自販機  [2014年12月19日1面]

 日本に来た外国人が驚くことの一つに自動販売機の多さがあるそうだ。空港、電車のホーム、沿道など至るところに自販機が並んでいる状況は日本人でも感心することがある▼日本自動販売機工業会の調べによると、国内の自販機の数は509万台(13年末時点)。人口や国土面積を勘案した普及率では日本が世界一という。509万台の半分は飲料用らしいが、最近は扱われる商品も菓子類やパンなど多様化している▼東日本大震災後に注目を集めたのが、災害時に無料で飲料を提供できる機能を備えた災害対応型自販機。今は遠隔操作で自販機の電光掲示板に災害情報を流せるようにもなった。停電に備えてバッテリーを内蔵した公衆無線LAN機能付き自販機も出てきた▼大雪に襲われた日本列島。各地で建設会社が除雪作業に奔走しているが、心配なのは孤立集落の発生。道路や通信網が寸断されて連絡が取れず、食料供給も途絶える事態は避けなければならない▼非常食を提供する無線LAN機能付き災害対応型自販機をすべての集落に置けないものか。大雪を教訓に自治体が対応を急ぐことを期待したい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。