行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/公園施設の安全点検指針案/施工や遊具設置段階でメンテ考慮  [2015年1月8日2面]

 国土交通省は、都市公園施設の安全点検指針案をまとめた。都市公園を管理する自治体向けに施設の維持管理、計画・設計、製造・施工の各段階ごとに講じるべき安全対策を整理。公園全体の施工や遊具などを製造する段階では、メンテナンスの行いやすさや計画・設計段階で考慮されていない危険性の有無を考慮しつつ品質管理を徹底するとしている。
 維持管理では、事故の危険を予見した上で点検を行い、舗装などに変状や異常が発見された場合には適切な処置を講じる。点検や処置の結果は記録に残す。計画・設計段階では、施設の利用方法を想定して事故の危険を予見し、施工後には改善しにくい問題があることを見越して安全対策を講じる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。