企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/協力会社の技術者・技能者の処遇改善策を拡充/マイスター認定制度新設  [2015年1月16日3面]

スーパーマイスターのヘルメット

 鹿島は、協力会社の技術者・技能労働者の処遇改善に向けた取り組みを拡充した。同社の建設現場で働く優秀職長を「鹿島マイスター」に認定し、1日1000円の日当を別途支給する。15年度に約500人を認定する。16年度にマイスターの中からさらに優秀な職長約100人を「スーパーマイスター」に認定し、日当を3000円上積みする。既存の報奨金制度も見直し、対象をベテランから若手に拡大。毎年度約200人を選定し、10万円を支給するようにした。
 マイスター制度の対象は、主要職種であるとび工、土工、型枠大工、鉄筋工、左官と一部重機土工の職長。現場所長の推薦に基づき各地域の支店長が認定する。一度認定されると特段の事情がない限り、満60歳の定年を迎えるまで手当の支給を継続する。認定者は現場で着用するヘルメットにそれぞれ専用のステッカーを貼る。
 一方、優秀技術・技能者報奨金制度「E(エクセレント)賞」を見直した「新E賞」は、将来のマイスターを目指してもらうため、主要職種の若手と内装仕上げ、設備、専門工事の職長を対象にする。E賞は99年の創設から14年間で延べ8604人(実人数4380人)が選ばれているという。
 協力会社でつくる鹿島事業協同組合との人材確保に向けた取り組みも充実させた。組合は業界の共同教育訓練施設「富士教育訓練センター」(静岡県富士宮市)を会員が利用する際の助成金を増額。協力会社の内定者の事前研修として、センターで土木・建築別のカリキュラムを組み、費用の全額を負担するようにした。今春は約20人が受講する予定だ。
 採用活動の支援ツールとして、昨年4月に作成した仕事内容を職種別に紹介するDVD(6枚)のダイジェスト版、建設現場で働く女性技能労働者7人が登場するDVDも新たに作った。
 組合が昨年7月にスタートした職業安定法に基づく職業紹介事業では、組合が各社の求人票を預かり、高校や専門学校、ハローワークなどに一括して提出。現場見学会や企業説明会なども積極的に行っている。今後インターンシップの受け入れも計画しているという。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。