技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

新菱冷熱工業/サーバー室の温度・気流状態を可視化/効果的にレイアウト変更  [2015年1月21日3面]

 新菱冷熱工業は、サーバー室内の温度や気流の状態を可視化するデータセンター向けの「空間ビジュアライズシステム」を開発した。独自の数値流体シミュレーション(CFD)解析技術を使い、サーバー室の温度環境などを自動表示。気流の状況が悪く、熱だまりが起きている場所などを適切に把握し、空調設備の改修やレイアウト変更などに役立てる。
 同システムは、サーバーと空調機の運転データを基にCFD解析を行い、温度と気流の状態を一定間隔で自動算出する。サーバー室に温度・気流センサーを設置しなくても室内環境を把握できるのが特徴。自動蓄積したデータを分析すれば、熱だまりの発生状況や冷たい空気が行き渡らない場所がつかめ、レイアウト変更や機器類の更新が効果的に行えるようになる。
 データセンターは、サーバーの稼働効率を高め、熱による障害や暴走を防ぐため、空調を常時運転する。ラックの配置や空気の吹き出し・吸い込み方法などで室内環境は大きく変わる。目に見えない熱だまりや気流を把握するには、室内に多数のセンサーを設置するのが一般的だが、サーバーのメンテナンスやラックのレイアウト変更、機種変更など行う場合の邪魔になることもあった。
 サーバーの消費電力量や空調機からの空気の吹き出し温度、風速、空間温度などのデータをパソコンに送信すると、CFDソフトが温度・気流分布の解析を自動的に実行。空間内の問題点を可視化でき、高温トラブルの発生が未然に防止できる。時間ごとのデータを分析することで、消費電力を抑えるための検討、サーバーの増強計画立案などもスムーズに行える。データセンターの設備投資を支援するツールとして提案営業に活用していく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。