技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井住建道路/全天候型常温合材の販売開始/2タイプ、デモ施工で性能PR  [2015年1月29日3面]

全天候型常温合材のデモ施工

 三井住建道路は、全天候型常温合材「ロードケアZ」の販売を開始した。販促活動の一環として、9日に埼玉県鶴ケ島市内の現場で関係者約20人が参加したデモンストレーション施工を実施し、ロードケアZの施工性や耐水性などを確認した。施工を担当した日本セフティエンジニアからは「さらさらした性状でスムーズに敷きならしができ、施工性が良い」などと高い評価を得た。
 ロードケアZは、東京都建設局の性能評価基準値を満たし、幹線道路など重交通路線に対応した道路補修材。初期供用時の安定性、降雨時の耐久性・耐水性が高く、雨天・降雨時の湿潤状態や水たまりにも使用できる。段差解消やクラック補修に適した「細粒タイプ」と、高機能舗装などのメンテナンス向けの「開粒タイプ」の2種類を用意している。
 デモ施工では、透水性舗装部分に開粒タイプ、普通舗装部分に細粒タイプを使用。それぞれ乾燥状態と湿潤状態の2カ所を用意し、計4カ所で工事を行った。今後も、重量物運搬の多い工場や物流施設の構内道路、車の出入りが多い商業施設などの駐車場、ゴルフ場のカート道路など、舗装面の傷みが激しい場所でデモ施工を積極的に実施し、売り込み強化を図る。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。