論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/みなみらんぼうさんと東日本大震災  [2015年2月9日1面]

 NHKの「みんなのうた」は、5分間の音楽番組として1961年にスタート。これまでに1300曲以上が放送された。「北風小僧の寒太郎」「ちいさい秋みつけた」「森の熊さん」…▼年代によって違えど、誰しも心に残っている歌があるのでは。この番組からヒットした歌も少なくない。「山口さんちのツトム君」もその1曲。作詞・作曲者のみなみらんぼうさんにインタビューをする機会を得た▼みなみさんの出身地は東日本大震災の被災地である宮城県栗原市。内陸にあるため津波被害こそなかったものの、観光客の減少に苦しんでいる。ふるさとの観光客誘致を応援しようと、みなみさんは同市が制作するイメージコマーシャルのナレーションも担当している▼震災から間もなく4年を迎えるのに、被災地の仮設住宅にはまだ多くの人が。「『仮住まい』がそのまま『仮の人生』になっている」とみなみさん。「子どもたちにとって4年は大きい。もっと切実に考えてあげるべきだ」とも▼「みんなのうた」はいつの時代も子どもたちの身近にあった。被災地の子どもたちの心も癒してくれることを願う。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。