論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/付加価値の意味  [2015年2月17日1面]

 世界を股に掛けて活躍する日本人がスポーツ界を中心に多くなっている。その代表格がテニスの錦織圭選手だろうか。今週も米テネシー州で開かれたトーナメントで優勝を飾った▼錦織選手を見て感心するのは、体格で勝る外国人選手を向こうに回し、一歩も引かないテニスをやり通せるところ。中学生のころから単身米国に渡り、プロになるためのトレーニングを積んだ。かつて日本人選手が拭いたくても拭えなかった「内弁慶」という言葉とは無縁の世界にいるといえるだろう▼錦織選手が出場した大会をテレビで観戦していて、注目すべき光景を目にした。それは試合を終えロッカールームに引き揚げる時、観客の求めに応じて丁寧にサインをしていたことだ▼勝利を上げたばかりの選手にサインがもらえる。観客、特に子どもたちにとっては何物にも代え難い思い出になるだろう。日本のプロスポーツで試合を終えたばかりの選手が観客にサインをする光景を見たことはない▼試合で観客を楽しませた後、プラスアルファも提供する。サインに精を出す錦織選手を見ていて、付加価値とは何か考えさせられた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。