技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設、VSL/過密配筋の施工性向上/せん断補強鉄筋両端に矩形プレート  [2015年2月19日3面]

両端のプレートの向きを自由に設定できる

 大成建設とブイ・エス・エル・ジャパン(VSL、東京都新宿区、加々美修一社長)は、鉄筋の両端にプレートを設置したせん断補強鉄筋「I―Head―bar(アイ・ヘッドバー)」を開発した。両端の矩(く)形(長方形)プレートの向きを自由に設定でき、縦筋と横筋に同時に掛けて補強することも可能。プレートのサイズが小さく、過密配筋の施工性が向上する。工場製作のため、現場での鉄筋の曲げ加工が不要で省力化も図れる。
 両社は、矩形または円形のプレートを鉄筋端部に摩擦圧接したせん断補強鉄筋「Head―bar(ヘッドバー)」を実用化。土木、建築を問わず、他社案件も含め施工実績は3000万本に上る。だが構造物が過密配筋の場合、片端のフックや円形プレートのサイズが大きいために施工が困難なケースもあった。
 今回、両社は鉄筋とプレートを摩擦圧接する装置に、プレートを任意の向きに制御できる機構を導入し、両端に矩形プレートを圧接したアイ・ヘッドバーを開発した。長方形のプレートの向きを同じにしたり、45度にずらしたりできる。90度ずらすと、一方を縦筋に、もう一方を横筋に掛けることも可能だ。
 プレートのサイズを小さくできるため、過密配筋でも設置しやすい。過密配筋が必要な土木の4現場に適用し施工性を確認した。VSLの認定工場で製造するので、現場での鉄筋加工が不要。施工の省力化と工期の短縮につながる。両端が矩形プレートなので主鉄筋への定着がより確実になる。従来の180度フック型の鉄筋と同等の定着性能を持ちながら、主鉄筋の組み立て後でも配筋作業を容易に行える。
 両社は、せん断補強鉄筋のラインアップにアイ・ヘッドバーを加え、過密配筋のコンクリート構造物などに用途を広げた。まずは土木分野での採用を伸ばしていく方針。より短工期で高品質、高耐震なコンクリート構造物の建設に適用していく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。