工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

アパグループ/横浜市中区に大型ホテル計画/国内最大2400室、東京五輪見据え  [2015年2月26日5面]

横浜ベイタワーの完成イメージ

 アパグループは、横浜市中区に大型タワーホテル「アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー」を建設する。開発予定地をグループのアパマンションを通じて都市再生機構から25日付で取得した。客室数は2400室を計画し、1棟の建物では国内最大の規模。総事業費は公表していない。設計者、施工者は未定。施設計画やスケジュールなど詳細は今後詰める。2020年東京五輪の開催を見据えて建設を進めていく。
 開発予定地は中区海岸通5の25の3(敷地面積8329平方メートル)。横浜高速鉄道みなとみらい線の馬車道駅から徒歩3分の位置で、JR根岸線や京浜東北線の桜木町駅にも近い。都市機構が保有する土地の売却先を決める一般競争入札が1月に行われ、アパマンションが167億1000万円で落札した。
 計画によると、S一部SRC造地下1階地上37階建て延べ約5万8000平方メートル規模の超高層タワーホテルを建設する。客室以外の導入機能など施設計画の詳細を現在検討している。
 アパグループは、千葉市美浜区にある「アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張」(1501室)の客室数を500室増やす拡張計画も推進中。東京近郊に2000室超の大型ホテルを整備し、東京五輪を機に増大する観光需要の取り込みに力を入れる。今後は地方の中核都市でも大型ホテルの開発事業を積極展開していく方針だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。