行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

首都高速会社、東京都/首都高・品川線山手トンネルウォークに2万人参加  [2015年3月3日4面]

開通目前の山手トンネルを2万人が歩いた

 首都高速道路会社と東京都が共同で整備を進めている首都高中央環状線山手トンネル・品川線(湾岸線~3号渋谷線)で1日、7日の開通を前に品川線内を一般市民2万人が歩くイベント「山手トンネルウォーク」が行われた。
 コースは品川区西五反田3丁目の五反田入り口から北行きトンネルを大橋ジャンクション(JCT)方面に向かい、途中で折り返して南行きトンネルを通って五反田出口に至る歩行距離約2・8キロ。トンネル内には品川線の工事記録を紹介したり、防災設備による水噴霧を体験したりできるエリアを設置。トンネル壁面を使って東京の夜景を映し出すプロジェクションマッピングや、LED照明による光の演出なども行われ、参加者を楽しませた。
 品川線は、湾岸線の大井JCT(品川区八潮)と中央環状線の大橋JCT(目黒区青葉台)を結ぶ区間(延長9・4キロ)。大橋JCTで開通済みの渋谷線~池袋線(9・8キロ)と接続すると、全長18・2キロの国内最長の道路トンネルになる。
 品川線の完成により、全長47キロの中央環状線が全線開通する。7日午前に記念式典を山手トンネル内で開催し、同午後4時の一般の通行が始まる予定だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。