工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

中日本高速会社/中央道・小仏トンネル渋滞対策案/上り線にトンネル増設  [2015年3月26日5面]

小仏トンネル増設のイメージ

 中日本高速道路会社は24日、交通渋滞が慢性化している中央自動車道の小仏トンネル(東京都八王子市~相模原市緑区)に上り路線を増設する渋滞対策案をまとめた。現トンネルに並行する形で、約3・5キロのトンネルを新設する。近く現地測量と設計業務に着手する。小仏トンネルは、中央道と首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が交差する八王子ジャンクション(JCT)の西側に位置し、東京、神奈川の都県境にまたがっている。現トンネル付近は、道路の線形や勾配の影響などにより車両の走行速度が落ちる傾向があり、渋滞が頻発している。
 現トンネルの上下線は各2車線。新たなトンネルは1車線で整備する計画のため、完成後に小仏トンネル上り線は3車線となる。トンネルの新設と併せ、八王子JCTと小仏トンネルの間の上り線(約1・5キロ)も3車線に拡幅する方針だ。同社は、中央道調布インターチェンジ(IC、東京都調布市)から東京都心部に向かう約3キロの上り線も3車線に広げ、渋滞の緩和を図る。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。