工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

富山県/再公告の新県立近代美術館新築(富山市)/清水建設JVに  [2015年4月21日8面]

新近代美術館完成イメージ

 富山県は20日開札の新富山県立近代美術館(仮称)新築工事の一般競争入札(WTO対象)の結果、清水建設・三由建設・前田建設JVが59億2000万円で落札したと発表した。総合評価方式標準型試行の同工事の入札には落札者以外に1JVが参加した。落札者以外の構成員と入札金額は21日、県ホームページの入札情報サービスで公表する。
 同工事は再公告工事。昨年12月に公告し、今年1月22日まで入札書類の提出者を募ったが、提出者が1者もなく不調に終わった。このため県は3月2日に再公告した。
 再公告では、予定価格を前回より6億8690万円増額し59億6150万円にしたほか、工期を半年延ばし16年12月15日(前回16年6月30日)にして、参加者を募っていた。20日開札したのは建築工事だけ。建築と同様に再公告した各設備工事の一般競争入札は、空調設備工事と、電気設備工事が21日、衛生設備工事は5月11日に開札する。建築の工事概要は、S一部SRC造4階建て延べ1万4976平方メートルの新近代美術館の建築とその他付帯工事一式。建設場所は富山市木場町。設計は内藤廣建築設計事務所が担当している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。