行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

福岡空港ビル/国内線旅客ターミナルビル再整備が起工/19年3月の完成めざす  [2015年7月22日11面]

福岡空港国内線旅客ターミナルビル完成イメージ

 国が進める福岡空港の過密化対策と併せて福岡空港ビルディング(福岡市博多区)が計画している「福岡空港国内線旅客ターミナルビル再整備工事」の起工式が21日、福岡市博多区の同空港敷地内で行われ、関係者が工事の順調な進ちょくと安全を祈念した。施工は清水建設・錢高組・西鉄建設JV、設計・監理は梓設計が担当。19年3月の完成を目指す。
 再整備は国土交通省が進めている同空港の平行誘導路二重化事業に合わせて計画。平行誘導路二重化の整備用地を確保するため、第1ターミナルビル全体と第2ターミナルビルの南側部分を東側の隣接地に移転建て替えし、残る第2ターミナルビルの北側部分と第3ターミナルビルは全面改修する。再整備後の規模はS造4階建て延べ12万7906平方メートル。地下鉄フロアから1階の航空会社カウンターや2階の出発口への直通エスカレーターを整備しスムーズに移動できるようにするほか、出発・到着機能の集約、出発・到着の旅客動線の分離、店舗の再配置・増床などを行う予定。式では神事で福岡空港ビルディングの麻生渡社長が刈り初め、梓設計の杉谷文彦社長が鍬入れ、清水建設の宮本洋一社長が杭打ちをそれぞれ行い、関係者で祭壇に玉串をささげ、工事の安全を祈願した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。