行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日建連/都内で女子小中学生向け現場見学会開く/型枠大工や鉄筋組み立て体験  [2015年7月27日2面]

将来のけんせつ小町が集まった

普段できない貴重な体験も

 日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)は24日、女子小中学生などを対象に、女性の技術者・技能者(けんせつ小町)が活躍する現場の見学会「Girls+site」の初弾を東京都内で開いた。夏休み期間を中心に全国15カ所程度で開催する特別企画。工事現場で働く多くの女性の姿を通して建設業の仕事内容や魅力を伝え、将来入職を目指すきっかけにしてもらう。国土交通省が後援し、積極的に後押ししている。
 1回目の今回は、三井住友建設が東京都江東区で施工中の「(仮称)芝浦工業大学付属豊洲中学高等学校建設工事」の現場で開いた。29人の小中学生と保護者が参加。なでしこ工事チーム「チームTOYOJYO」のメンバーと一緒に現場を見学し、どのように建物が造られていくのかを学んだ。建築体験コーナーでは、型枠大工や鉄筋組み立て、躯体整形、測量・墨出し、資材揚重などの工種を体験。普段はなかなかできない貴重な経験となった。
 子どもたちからは「暑い中で仕事をしている姿がかっこよかった」などの感想が出た。さらに「どんなきっかけで建設の仕事に就いたのか」「楽しいこと、大変なこと」などの質問に対して、なでしこメンバーが一つ一つ丁寧に回答。チームリーダーの星野麻夢さん(工事係)は「きょうの楽しさや面白さを胸に10年後、20年後、建設業のさまざまな場面で活躍してほしい」と期待を込めた。同社代表取締役会長で、日建連けんせつ小町委員会の則久芳行委員長は「みんなが楽しく見学、体験している姿を見て、私もうれしかった。夏休みの絵日記に書いてほしい。また来てください」と目を細めた。

コメント

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。