行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

阪神高速会社/大和川線トンネルがっこう開く/堺市の小学生108人招待  [2015年10月27日10面]

土留め壁実験体験

シールド立坑付近で説明を受ける小学生

 阪神高速道路会社は23日、建設中の阪神高速大和川線で、沿線の小学校を対象に「大和川線トンネルがっこう」を開いた。沿線の小学校を招き、身近な社会資本整備や土木技術について理解を深めてもらおうと11年度から毎年実施しているもので、今年は堺市立五箇荘東小学校の6年生108人が訪れ、巨大な地下構造物に見入っていた。
 訪れた現場は、遠里小野第2工区開削トンネル工事(施工=清水建設・奥村組JV)の現場。大和川線の概要説明を受けたあと、本体が完成した開削トンネルを見学したほか、シールドトンネルなども見学。現場教室として開校した開削トンネル内では、測量体験やキットを使った土留め壁実験体験を行ったほか、映像などで大和川線の内容を説明した。子どもたちはクイズを楽しんだり、さまざまな質問を阪神高速道路会社職員にしたりしながら勉強した。
 最後にあいさつしたトンネルがっこう校長役の塚本学堺建設部大和川線建設事務所長は「大きな機械や部品などを使ってトンネルを掘っていたという秘密を見てもらえたので、大和川線が開通して車で通った時には思い出して『ここを作っている時に見たんやで!』と自慢してほしい。そして、きょうをきっかけに興味をもって、将来、トンネル関係の仕事に就く人がいれば、今見たトンネルよりも優れたトンネルを作ってもらえることを期待している」と締めくくった。
 阪神高速大和川線は、堺市堺区築港八幡町~大阪府松原市三宅中の延長約9・7キロ、道路規格は第2種第1級、車線数は本線4車線で、設計速度は毎時80キロ。起点側と終点側で高架部(0・7キロ)を設ける以外はほとんど地下構造(開削トンネルとシールドトンネル)で、7割を占める。阪神高速道路会社が堺市の受託区間を含めて5・9キロの工事を担当し、残る3・8キロを大阪府が施工している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。