工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東京都/豊洲市場建設現場(江東区)を初公開/躯体工事がおおむね完了  [2015年10月30日4面]

16年3月の完成へ急ピッチで工事が進む水産仲卸売場棟

本格化する設備、内装工事

 東京都は29日、16年11月に築地市場からの移転開場を予定している中央卸売市場豊洲市場の建設現場を報道関係者に初めて公開した。5~7の各街区で青果棟、水産仲卸売場棟、水産卸売場棟など総延べ床面積51万平方メートルの施設を整備する。現在は、各街区とも主要施設の躯体工事がおおむね完了。今後は来年3月の完成に向けて設備工事や内装工事を進めていく。
 豊洲市場の建設地は江東区豊洲6。5街区に建設するSRC一部S造3階建て延べ約9万7000平方メートルの青果棟(施工=鹿島・西松建設・東急建設・TSUCHIYA・岩田地崎建設・京急建設・新日本工業JV)、6街区に建設するSRC一部S造5階建て延べ約17万3000平方メートルの水産仲卸売場棟(清水建設・大林組・戸田建設・鴻池組・東急建設・錢高組・東洋建設JV)、7街区に建設するSRC一部S造5階建て延べ約12万4000平方メートルの水産卸売場棟(大成建設・竹中工務店・熊谷組・大日本土木・名工建設・株木建設・長田組土木JV)を中心に、大小合わせて20棟以上の施設を整備する。設計監理はすべて日建設計が担当している。
 主要3施設は、昨年2月に本体工事に着手し、同日までに躯体工事がほぼ完了した。11月から設備工事が本格化し、各施設とも来年3月末までに完成する予定だ。その後、外構工事や、市場内に入居する卸売・仲卸売業者による各店舗の造作工事を6月から10月末まで進め、11月7日の開場を目指す。
 6街区の水産仲卸売場棟を施工する清水建設JVの望月尚幸所長は「11月から設備工事が本格化し、3街区で1日最大8000人が作業をすることになる。通勤時の混雑などで近隣に迷惑がかからないよう、しっかりと施工計画を立てていく」と気を引き締めている。

コメント

  • 清新北ハイツ修繕委員長 より:

    工事監理会社が日建設計となってますが、工事監理報告書は存在するのでしょうか。閲覧できますか。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む