行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設北陸支店/玉川こども図書館(金沢市)に絵本寄贈/海外から収集の213冊  [2015年11月5日8面]

 清水建設北陸支店は4日、金沢市の市立玉川こども図書館(玉川町)に海外から集めた外国語の絵本213冊を寄贈した。小松洋平庶務グループ長らが図書館を訪れ、明星敏浩館長に絵本を手渡した=写真。
 支店に近い同図書館への絵本寄贈は、社会貢献活動の一環として09年から行われている。シンガポールにある国際支店に協力してもらい、現地スタッフの子どもたちが読んでいた英語や中国語などの絵本を集めた。寄贈した海外絵本の累計は、これで752冊(15言語)になった。
 同図書館には、世界の絵本コーナーが設けられており、さまざまな国の絵本が5000冊以上ある。館員や市内在住外国人ボランティアが原語で子どもたちに読み聞かせる会が毎月開かれ、多くの市民に利用されている。
 明星館長は「今回も多くの本を寄付していただき、大変ありがたい。子どもたちが異文化にふれる機会として活用させてもらう」と話した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。