行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日建連/第56回BCS賞表彰式開く/14作品に栄誉  [2015年11月17日1面]

中村会長〈右〉から表彰状を受け取る受賞者=16日、東京都内で

 日本建設業連合会(日建連)は16日、第56回BCS賞の表彰式を東京・日比谷の帝国ホテルで開いた。今回は特別賞1作品を含め14作品が受賞。各作品の建築主、設計者、施工者が出席し、中村満義日建連会長が代表者に表彰状を手渡した。
 中村会長は「いずれも建築主の深い思いと、設計者、施工者の総合力、技術力が結実したわが国を代表するにふさわしい作品だ」とあいさつ。審査報告を行った選考委員代表の佐藤滋早大教授は「機能性、デザイン、施工力に加え、持続可能で地域に貢献する素晴らしい作品だ。末長く育ててほしい」と述べた。
 受賞者を代表し、「ROKI Global Innovation Center-ROGIC」の建築主、ROKIの島田貴也社長は「理念とイメージした空間に対し、設計者、施工者、関係した多くの皆さんが徹底したプロ意識と抜群のチームワークの結実として、豊かな自然環境に溶け込む想像空間を具現化していただけた」と謝意を述べた。建物は同社の技術研究・開発の「総本山」(島田社長)となっている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。