行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鉄鋼ビルディング(東京都千代田区)が完成/16年2月開業へ/施工は大成建設JV  [2015年12月2日4面]

完成した南館(手前)と本館

 建て替え工事が今月完了し、16年2月にグランドオープンする鉄鋼ビルディング(東京都千代田区丸の内1の8の2)が11月27日、報道機関に公開された。無事完成を迎え、鉄鋼ビルディングの増岡祥文社長は「1951年に竣工した(建て替え前の)鉄鋼ビルディングは丸の内で戦後初の高層ビルだった。都市再生特区の活用などがあり、土地取得から66年の時を経て新しい鉄鋼ビルディングが誕生した」と喜びを語った。
 新たなビルは地下がSRC一部S・RC造、地上がS造で、本館が地下3階地上26階塔屋1階建て、南館が地下3階地上20階塔屋1階建て。総延べ床面積は11万7964平方メートル。本館と南館は地下と地上1~4階部分でつながる。設計・管理は三菱地所設計、施工は大成建設・増岡組JVが担当した。
 同日は、南館の6~19階に配置したサービスアパートメント「オークウッドプレミア東京」の宿泊フロアや、本館で採用したアウトフレーム構造による無柱のオフィススペースが公開された。同社の増岡聡一郎専務は「新たなビルのコンセプトは『結ぶ』。地方と東京、日本と世界を結ぶビルとなってほしい」と話した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。