人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/スポーツメディア・江田理英さん/心と身体の健康づくりをサポート  [2015年12月14日10面]

江田理英さん

 日本道路の子会社が運営する東雲スイミングクラブ(広島市南区)。小学校低学年から中学3年まで会員として通い大学時代には、アルバイトもしていた。
 「(子どものころは)ここに来るのが楽しかった。学校とは違うプールの友達がいた」と自身の経験を踏まえ、「私の子どもも会員で通っている。たくましく育ってほしい」と目を細める。
 インストラクターとして幼児から高齢者まで幅広い世代を指導しており、「生涯スポーツとして水泳を親しんでもらうのがこのスイミングのコンセプト。誰でも来られるクラブにしたいし、地域に根差したクラブでありたい」と強調。さらに「『できる』『できた』といった自信を付け、身体を動かす楽しさや喜びを感じてもらいたい。心と身体の健康づくりを提供したい」とも。
 日本道路が15年度からCSR(企業の社会的責任)の一環として取り組んでいる子ども向け野外体験活動「森の探検隊」の隊長を務める。クラブでの豊富なイベント経験を生かし、夏・秋・冬の3回、広島県内の自然の中に16人の子どもを引率。
 「細かいスケジュールやプログラムはなく、子どもたちのペースで行きたい所に行き、一緒に考えることができるイベント。自分でやりたいことを見付ける中で、考える力や生きる力のきっかけを残したい」と笑顔を見せる。
 (東雲スイミングクラブ・マネージャー、えだ・りえ)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。