行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関西の産学官が年賀交歓会/関西の発展に一丸/本社大阪支社主催  [2016年1月6日1面]

 日刊建設工業新聞社大阪支社主催の年賀交歓会が5日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで開かれ、産学官から出席した300人超の関係者が関西発展に一丸となって取り組もうと決意を新たにした=写真。
 65回目の交歓会には国土交通省近畿地方整備局や大阪府、大阪市、西日本高速道路会社、阪神高速道路会社、都市再生機構西日本支社などから多くの来賓が出席。冒頭、山田邦博近畿整備局長が「関西の秘めた元気を圏域全体に広げていく必要がある。道路などインフラ整備の着実な推進や安全・安心なまちづくりなどに取り組み、地域創生の起爆剤にしたい」とあいさつした。
 大西有三関西大特任教授が「産学官が連携し、新しいインフラを作り上げていくチャレンジの年にしよう」と呼び掛けて乾杯。村上考司日本建設業連合会関西支部長は「しっかりと結果を出せる業界、協会活動を続けていきたい」と決意を述べた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。