技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

芝浦工業大学/津波到達位置と避難場所をモバイル端末に表示/可視化システム開発  [2016年1月15日1面]

 芝浦工業大学は、津波の到達位置と避難場所を可視化するシステムを開発した。モバイル端末に内蔵された衛星利用測位システム(GPS)装置で現在の位置情報を取得し、そこから津波が到達するまでに移動可能な範囲を表示する。優先的に避難可能な建物の名前や高さ、建物内の避難場所も一目で分かるようにする。
 「津波避難支援システム」は、情報工学科の米村俊一教授が開発した。瞬時の判断が難しいとされる「津波がいつ・どの程度の高さで自分のいる場所に到達するのか」「どの程度の緊急性を持って避難すべきか」といった情報を地図上で分かりやすく示す。避難場所は安全度に応じて4段階で色分け表示する。
 スマートフォンやタブレット用に設計された現段階のシステムは、東京都江東区周辺の想定データを基にしたプロトタイプ。今後、各種行政情報も連動させることができるアプリケーションとして完成させるために、共同開発企業を探す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む