行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

都市計画学会/学会賞や石川賞の受賞者決定/5月20日に都内で授与式  [2016年5月10日2面]

功績賞を受賞した廣畠康裕氏

 日本都市計画学会(中井検裕会長)は、16年の学会賞、功績賞、国際交流賞と、15年の年間優秀論文賞を決めた。学会賞のうち、都市計画に関する独創的または啓発的な業績を挙げた個人や団体に贈られる「石川賞」には、「水都大阪のまちづくり」の水と光のまちづくり推進会議、水都大阪パートナーズ、水と光のまちづくり支援本部、橋爪紳也氏、嘉名光市氏、「コミュニティを主体とする『回復力の高い復興計画』の立案と復興まちづくりの実現」の菊地啓夫宮城県岩沼市長、中川勝義玉浦西地区まちづくり住民協議会会長、石川幹子中央大理工学部教授、「福岡天神におけるまちづくりガイドラインに基づくエリアマネジメント」のWe Love 天神協議会、We Love 天神、西日本鉄道、出口敦氏、後藤太一氏の3者が選ばれた。
 都市計画学の進歩、発展に長年寄与してきた個人に贈られる功績賞は廣畠康裕豊橋技術科学大名誉教授が受賞する。
 表彰式は20日に東京都文京区の東大農学部弥生講堂一条ホールで開く通常総会後に行われる。
 都市計画学会賞は、近代都市計画の第一人者・石川栄耀(1893~1955年)の業績を記念した石川賞のほか、論文、計画設計などの各賞で構成する。今回は、石川賞候補4件、石川奨励賞候補1件、論文賞候補2件、論文奨励賞候補11件、計画設計賞候補8件、計画設計奨励賞候補1件の計27件を対象に審査が行われ、表彰委員会の選考の結果、石川賞3件、石川奨励賞1件、論文賞1件、論文奨励賞8件、計画設計賞4件、計画設計奨励賞1件が決まった。
 受賞者と受賞業績は次の通り。(敬称略)
 【石川賞】
 ▽水都大阪のまちづくり=水と光のまちづくり推進会議、水都大阪パートナーズ、水と光のまちづくり支援本部(水都大阪オーソリティ)、橋爪紳也、嘉名光市
 ▽コミュニティを主体とする「回復力の高い復興計画」の立案と復興まちづくりの実現=菊地啓夫宮城県岩沼市長、中川勝義玉浦西地区まちづくり住民協議会会長 石川幹子中央大理工学部教授(元岩沼市震災復興会議議長)
 ▽福岡天神におけるまちづくりガイドラインに基づくエリアマネジメント=We Love 天神協議会、We Love 天神、西日本鉄道、出口敦、後藤太一
 【石川奨励賞】
 ▽人と公共交通優先の歩いて楽しいまちづくり「四条通歩道拡幅事業」=京都市
 【論文賞】
 ▽中東・北アフリカ地域の都市計画技術協力史に関する一連の研究=松原康介
 【論文奨励賞】
 ▽商店街活性化における活動主体の継承プロセスに関する研究=依藤光代
 ▽多様な地域主体によるストリートデザイン・マネジメントに関する研究=三浦詩乃
 ▽人口および世帯属性の分布と移動距離を基にしたコンパクトシティに向けた施設配置分析=鈴木達也
 ▽都市計画制度の限界を補完する土地利用に関わる法制度に関する研究=佐藤雄哉
 ▽関東州州計画令の土地利用規制に関する研究=五島寧
 ▽米国のブラウンフィールド再生政策とその変遷に関する研究~土地リスクに対する都市計画と環境保護政策の連携に着目して~=黒瀬武史
 ▽近隣人口の社会経済的構成が地域・居住者に与える影響に関する定量的分析=上杉昌也
 ▽復興まちづくりに火山災害遺構を活かすためのジオパークの経緯と大学の連携体制のあり方に関する研究~島原半島ジオパーク推進連絡協議会と洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会を事例として~=石川宏之
 【計画設計賞】
 ▽都市構造可視化計画ウェブサイト=福岡県、建築研究所、都市構造PDCA研究分科会
 ▽千代田区神田駿河台地区における公民一体の都市再生プロジェクトの実践=大成建設、千代田区、神田駿河台地域まちづくり協議会、東京メトロ
 ▽札幌北3条広場を中心としたパブリックスペースネットワークの形成~都市空間の歴史的価値を踏まえた公共空間の再編~=札幌市、三井不動産、日本郵便、小林英嗣、日本設計
 ▽横丁からふたたび、あたらしい「マチ」をつくる~3・11からの共同化再建プロジェクトCOMICHI 石巻~=遠山敬介、真野洋介、野田明宏、渡邊享子
 【計画設計奨励賞】
 ▽宮城県山元町におけるコンパクトシティを目指した復興計画策定~札幌市による対口支援の効果的活用~=山元町、札幌市、オオバ、鈴木光晴、星卓志
 【功績賞】
 ▽廣畠康裕豊橋技術科学大名誉教授
 【年間優秀論文賞】
 ▽地方中核都市における空き家の発生パターンに関する研究=山下伸、森本章倫
 ▽障害者のバス利用の現状把握とニーズを考慮した交通手段の検討~愛知県日進市をケーススタディとして~伊藤真章、松本幸正、鈴木温
 ▽シンガポールにおける「ガーデン・シティ」から「シティ・イン・ア・ガーデン」への展開時の緑地計画の変化=武田重昭、朴秀日、徳野みゆき、加我宏之、増田昇
 ▽総合設計制度創設における制度設計の論点と課題~総合設計委員会の議論・答申および許可準則・技術基準に着目して~=中西正彦、大澤昭彦、杉田早苗、桑田仁、加藤仁美
 ▽人口減少フレーム下での区域区分定期見直しの実態とあり方に関する研究=田之上貴紀、松川寿也、佐藤雄哉、中出文平、樋口秀
 ▽介在機会モデルを導入したフロー捕捉型配置問題=松尾太一朗、田中健一、栗田治。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む