技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

聖心女子大/パレス(学生会館)の耐震補強工事が完了/設計・施工は清水建設  [2016年5月27日3面]

パレスの外観

文化財に配慮しながら耐震壁を150カ所施工した

 聖心女子大学(岡崎淑子学長)が東京・広尾のキャンパス内にある築100年近いパレス(学生会館)で実施していた耐震補強工事が完了し、26日に報道関係者に内部が公開された。設計・施工は清水建設が担当。建物は国の登録有形文化財(建造物)に指定されており、耐震壁の設置や屋根の改修などの工事が細心の注意を払って行われた。
 パレスは、1924年に久邇宮家の御常御殿として建設された千鳥破風入母屋造(ちどりはふいりもやづくり)の和風建築。49年には新校舎を建築するに当たり、キャンパス内で移築。86年には内装の大規模修復工事が行われ、建築当時の姿を再現した。
 建物は木造2階建て延べ約930平方メートルの規模。現在は、茶道や華道、日本舞踊など大学の課外活動や授業などに利用されているが、近年は雨漏りなどによる構造部材の劣化が進んでいた。東日本大震災を機に実施した耐震診断結果も受け、耐震補強工事の実施を決めた。
 実施されたのは、耐震壁の設置と屋根の改修。耐震壁は、▽構造用合板▽ブラスターボード▽格子壁-の3種類を用途ごとに使い分け、全部で約150カ所に設置した。屋根の改修では、屋根瓦の規格サイズを変更して軽量化することで耐震性を向上させた。
 清水建設の藤沢雅人工事主任は、「過去に文化財の補修工事に携わった人員をメンバーに入れることで、文化財としての価値を損なわないよう配慮した」と話す。藤沢氏自身も正倉院の屋根全面改修と耐震補強工事に携わるなど経験豊富なエキスパート。施工中も、あらゆるものに傷が付かないよう細心の注意を払ったという。
 工期は15年3月~16年3月の約1年間。入学試験期間や要人の来訪時には工事を止める必要があったが、工期は順守した。女子大ということもあり、「作業者の入退場管理の徹底や、仮囲いからむやみに外に出ないよう気を付けるなど、通常の工事以上に気を使った」(藤沢氏)という。
 パレスは、6月2日まで一般公開(要予約)される。聖心女子大の加納博義施設主事は「外観をほとんど変えることなく耐震補強できたことに感謝している。今後も大切に使い続けていきたい」と話した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。