工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

福島県、東京ガス/県沿岸に風力発電施設群整備/150基、20年に首都圏へ送電開始  [2016年6月1日6面]

 福島県と東京ガスは共同で、県沿岸部に風力発電所を建設する。福島第1原発に近い福島県浪江町や双葉町、大熊町、富岡町など沿岸7市町をまたぐ1万3500ヘクタールの広大な地域に、最大52万5000キロワットの風力発電施設群を建設し、首都圏に電力を供給する。設備の設置台数は150基で、1基当たりの出力は最大3500キロワットを想定。20年までに送電を開始する計画だ。
 事業主体は、福島県と東京ガスで構成する「福島県沿岸部風力発電環境アセスメントコンソーシアム」。
 計画では、福島県南相馬市、広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町をまたぐ地域に150基の風力発電設備を整備。風力により合計出力52万5000キロワットの発電事業を行う。
 送電には、東日本大震災以降稼働を休止している新福島変電所(富岡町)と送電網を利用する。
 震災後、県は福島第1原発事故を受け、再生可能エネルギーを主軸とする社会の実現を目指す「福島新エネ社会構想」をまとめた。風力発電事業は同構想の一環で行う。
 事業実施想定区域には避難指示区域が含まれる。国が進めている中間貯蔵施設建設や廃棄物処理事業などに影響が出ないよう、国と県は慎重に具体化作業を進めるとしている。設備設置作業に伴い放射性物質を含む残土や廃棄物の発生が予想される場合は、それらの処理を綿密に検討することとしている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む