行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/女性活躍推進セミナー、7~9月に全国8会場で/経営者や人事担当者対象に  [2016年6月14日2面]

 国土交通省は、建設業での女性活躍を推進するため、「もっと女性が活躍できる“ハズ”の建設業」と題するセミナーを7月から9月にかけて全国8会場で開く。経営者や人事担当者、現場管理者などマネジメント層が対象。女性活躍に長年携わるコンサルタントが、女性活躍推進に取り組むことのメリットと取り組まないことのデメリット、具体的な取り組み方法などを伝える。セミナー参加企業を対象に、女性リーダーの育成プログラムも用意している。
 国交省は官民共同で取り組む「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」を14年8月に策定。現場で活躍する女性技術者・技能者数を現在の10万人から5年後の19年時点で20万人に倍増させる目標を掲げた。
 今回のセミナーは、「女性を雇用するメリットが分からない」「雇用してもどう接したら良いか分からない」などの現場の声に応えるために企画された。国交省の女性活躍に向けた研修・コンサルティング業務を受託したテンプスタッフキャリアコンサルティング(東京都港区、横道浩一社長)が、経営者向けセミナーと現場で中核を担う女性の育成プログラムを実施する。
 講師は女性活躍推進コンサルタントの清水レナ氏(CHANCE for ONE社長)が担当。女性活躍推進の必要性を説明するとともに、自社で女性活躍を推進するための基礎知識やポイント、建設会社での実施事例などを紹介する。各会場とも時間は午前10時~午後0時15分、定員50人。参加無料。
 日程と会場は、▽東京=7月1日、新宿マインズタワー(東京都渋谷区)▽埼玉=4日、関東地方整備局(さいたま市中央区)▽福岡=15日、TKPガーデンシティ博多新幹線口(福岡市博多区)▽広島=22日、中国地方整備局(広島市中区)▽名古屋=26日、TKP名古屋駅前カンファレンスセンター(名古屋市中村区)▽仙台=8月5日、TKP仙台カンファレンスセンター(仙台市青葉区)▽大阪=26日、グランフロント大阪(大阪市北区)▽高松=9月2日、四国地方整備局(高松市)。
 セミナーの全日程終了後、参加企業の女性社員(リーダーまたはリーダー候補)を対象に育成プログラムを実施。人材開発の専門家、木村純子氏(CHANCE for ONE取締役)を講師に繰り返しのトレーニングを通じて、リーダーとしてのマインドと行動を定着させ、現場で変革を起こせるモデル人材を育成する。
 10月~17年2月に集合研修4回、グループ別現場実践9回の計13回のプログラムを行う。集合研修は東京で開催。現場実践は電話会議システムを利用して各現場をつなぐ。定員20人。参加は無料だが、交通費や電話代は企業負担。
 問い合わせは事務局(電話03・5427・8098)へ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む